高血圧対策にマカ服用が良い

心臓はお母さんのお腹の中にいるときから動き始めて、死ぬまで止まる事がありません。
体中に血液を配達する為に、1分間に60~70回ほどポンピングしています。
血液が血管を通るときの圧力が高いと高血圧といいます。
心臓が縮んでいるとき(最高血圧)と、広がっているときの圧力(最低血圧)がどちらも高いと要注意ですね。
原因はさまざまですが、ほとんどが原因が特定できない患者ばかりといいます。
自覚症状もほとんどないことが多いため、「サイレント・キラー」と呼ばれているおそろしい病気です。

一方、低血圧とは心臓か縮んでいるとき(最高血圧)の数字が100mgにもならないほど低い状態をいいます。
高血圧と比べると、それほど重要視される事がないのですが、慢性低血圧症はさまざまな症状をともなって患者の日常生活に影響を与えるので、改善する必要があります。

マカにはアミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。
これは過酷なアンデス山脈で生き延びるための植物の智恵の塊です。
土壌の全てのミネラルを吸い取って、その後何年も植物が育たない土地にしてしまうほどたくさんのミネラルを全て小さなマカの根っこ貯めてしまいます。
このアミノ酸がリパーゼという酵素に働きかけて、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。
つまり、ダイエット効果があるのです。

メタボリックシンドロームと高血圧は常に深い関係にあります。
たんなる肥満だけではすまされません。
死の危険度が格段にあがってしまいます。
メタボリックシンドロームと診断された場合、血圧をコントロールすることと内臓脂肪を減らすことなどが医者から指示されるでしょう。
病院でもまずダイエットすることを進められるのです。
なぜなら、血管の壁にまで脂肪がついてしまうと、どんなに心臓ががんばって血液を送り出しても、体中に血液が行き渡る邪魔をしてしまいます。
さらに、悪い事に脂肪が血管をつまらせてしまい、最悪の場合は脳梗塞を引き起こしてしまうことになります。
高血圧だけど、運動は苦手というかたにマカの燃焼効果がおすすめです。

また、マカは交感神経と副交感神経の切り替えをスムーズに行うように働きかけるので、適度にリラックスと緊張を繰り返す事ができる健康な身体のリズムがつくれます。
そして、身体のリズムがうまく働くと、血液の流れもとてもスムーズになります。
さらに血液循環をよくしてくれる働きがあるビタミンEも豊富なので、毛細血管まで血液が行き渡ります。
高血圧の方が心配なコレステロールもうまく流れてくれるし、低血圧の方の多くが悩んでいる冷え性を改善してくれるのです。