マカを活用できない人の環境

3000年以上も昔から人々が食べている植物なので、基本的には副作用の心配もなく、老人から子どもまで食べても安心な食材です。
マカはもともとカブのような形をした野菜です。
これを天日に干して粉末にしたものがマカ粉末として輸出されています。
粉末のまま食べることも多いのですが、飲みやすくカプセルに入れてあったり、タブレットにして販売されているものを多くみかけますね。
タブレットの形にする際、使用される接合剤が血圧を上昇させてしまう成分であることがあるそうです。
血圧が高い方はタブレット形のマカは飲まない方がいいでしょう。

血圧や心臓のお薬を飲んでいる場合、マカの滋養強壮成分が効き過ぎてしまうかもしれません。
通常の量であれば1回飲んだだけで身体に劇的な変化がおこることはありません。
飲む量はパッケージなどに記載されている量を守れば大丈夫でしょう。

ED治療でバイアグラを処方されている方もご注意ください。
同じような作用をする成分がダブルで働いてしまうので、身体に負担がかかってしまうかもしれません。

ステロイド系のアレルギーを持っているという方も一度調べてみてから飲まれることをお勧めします。
マカにはサポニンというステロイドと同じような働きをする成分が含まれています。
もしかしたら、サポニンにアレルギー反応を起こしてしまうかもしれません。

そして、マカにはホルモンの分泌を促して、バランスを調整してくれるという働きがあります。
ホルモンバランスが乱れたために起こる生理不順を解消してくれ、生理前症候群(PMS)などの痛みから女性を解放してくれる素晴らしい植物なのです。

しかし、子宮に筋腫がある女性は注意が必要です。
マカは卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す働きがあることが分かっています。
このエストロゲンは、多く分泌されすぎると子宮筋腫を出来やすくしたり、出来ている子宮筋腫を大きくしてしまったりといった作用をおこしてしまうという報告があります。

もしマカを飲むことで、前よりも生理痛がひどくなった場合、知らないうちに筋腫ができている場合があるかもしれません。
残念ですが、こういった状況があてはまる人はマカを食べる事、飲む事は控えた方がいいでしょう。
その他、現在、医師に処方されているお薬がある人は、念のためにお医者様に確認してみることをおすすめします。