冷え性に齎すマカの効果

冷え性に齎すマカの効果

あまり知らない方も多いかもしれませんが、実は男性にも女性と同じように更年期障害があるのです。
女性は毎月の生理があるため、ホルモンの影響を感じやすくなっていますが、男性は気づかないうちにホルモンバランスの変化の影響を受ける人が多いようです。
女性と同じく、性ホルモンの分泌が少なくなってきたり強いストレスを受けたりすると症状が現れてくるようです。
同じように冷え性は女性特有の症状だと思われていますが、冷え性に悩む男性も増えてきました。

男性も不規則な食生活やストレスで自律神経のバランスが乱れているといわれています。
交感神経は緊張しているときに血管を縮めて熱を閉じ込める働きをします。
逆にリラックスしている時には副交感神経が身体を緩ませ、血管が開きやすくなるので熱が放たれます。

交感神経と副交感神経の仕組みは男性でも女性でも同じです。
強いストレス社会でガンバっている男女は、交感神経が働く時間が長く、そのため血行が悪くなってしまい、冷え性という症状cが現れる事が多いのです。
冷え性には気づかないけれど、肩こりや腰痛が気になる方も多いでしょう。
これらの症状も血行不良が原因です。

マカにはベンジルグルコシノレートという注目成分が含まれています。
これは、アブラナ科の植物に多く含まれている辛み成分のことで、成長ホルモンの分泌を促してくれる働きをします。
交感神経と副交感神経のバランスが崩れるのはホルモンバランスの乱れが原因であることが多いため、ベンジルグルコシノレートがホルモン調整という働きをしてくれると、マカを飲むことで冷え性が改善されることが期待できます。

また、マカにはアルギニンという成分も含まれています。
アルギニンもホルモン分泌を促して身体のホルモンバランスを整えるという働きをしてくれます。
これだけではなく、その他アミノ酸やミネラル、ビタミン群も豊富に含まれているのでバランスよく冷え性に効いてくれます。
マカでぽかぽかになりましょう!